Skip to content

杉本、宇佐美…脅威にならず 研究され攻撃

December 2, 2012

第12日、サッカー男子準決勝 メキシコ3―1日本】 1点をリードされた直後の後半26分、日本の関塚監督は動いた. 187センチのFW杉本を投入. 「みんながバタバタしていたので、前でボールを収めようと思った」. mongneturcha 前線で起点をつくり、反撃の糸口を探る狙いだった. だが、うまくいかない. 相手のメキシコは攻撃陣も激しくボールを追い、日本のパスの供給源を元から断ちにきた. 杉本にパスはつながらず、立ちつくすしかなかった. 電撃PlayStation】夏休みは電プ

Advertisements

From → Uncategorized

Leave a Comment

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: